JICA :ギニア水道公社(SEG)への水浄化のための薬品供与式

2021/3/30
SEG写真1
SEG写真2
SEG写真3
3月27日、ギニア水道公社(SEG)への水浄化のための薬品(約1,900万円分)供与式が、コヤ県クリア郡イエスル浄水場にて行われ、松原大使、カマラ衛生・水利省官房長、ルアSEG総裁及び笹館JICAギニアフィールドオフィス総括他が出席しました。これまでに日本はSEGに対し30年間以上、計93億円を超える支援を行ってきており、今回はJICAが2019年にSEGへ専門家を派遣した事業のフォローアップとして、水の浄化に必要不可欠な次亜塩素酸カルシウム30.8トンとアルミナ硫塩酸83トンの供与と啓蒙活動を実施します。ギニアにおける新型コロナウイルス及びエボラ出血熱等の感染症予防対策への貢献が期待されます。