令和2年度補正予算案件(国際移住機関:IOM経由)開始式

2021/4/19
写真1
写真2
写真3
4月16日、令和2年度補正予算案件(国際移住機関:IOM経由)「ギニアにおける新型コロナウイルスや感染病下での国境地帯に対する分散した保健能力強化」(約8,200万円)の開始式が、保健省にて実施され、松原大使、ヤンサネ保健省参事官及びディアス在ギニアIOM事務所長代理他が出席しました。本事業では、国境付近における感染症拡大防止対策のため、国家・地方レベルの医療機関同士の連携及び対新型コロナウイルス水際対策強化を実施します。また、長崎大学熱帯医学研究所によるギニアの医療従事者に対する能力強化研修や機材供与が行われる予定です。